木造戸建て住宅の外皮性能計算と一次エネルギー消費量計算のアウトソーシングなら野原住環境㈱へ。

  • お問い合わせ
  • カート
  • メニュー

15.03.17  μ値との違い

μ値とη値の違いとは?

次世代省エネ基準では冷房期にどれくらい日射が住宅の中に入るのか?を表す指標はμ値(夏季日射取得係数)でした。
新しい省エネ基準ではηA値(冷房期日射熱取得率)に変わりました。
言葉から感じるイメージとしては算出するものが変わったのだと感じてしまうのですが実は、μ値とηA値は、ほとんど同じです。μ(ミュー)値=【窓の日射侵入率η】×【面積】×【方位係数v】を床面積で割る、ηA値は外皮面積で割ってます

違いはこれだけ!ほぼ同じことを言っています。Q値とUA値と同様に建物の形状や大きさに左右されない事を目的とした変更だそうです。
見慣れない数値でいいのか悪いのかイメージがわかないと思いますが何現場も結果を見る事でいい値か感覚が身についてくると思います。 図表作成 YKKAP

PAGE TOP

野原住環境株式会社
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-1-11 友泉新宿御苑ビル
  • お問い合わせ
  • カート

© 2017 NOHARA LIVING ENVIRONMENT,Inc.