木造戸建て住宅の外皮性能計算と一次エネルギー消費量計算のアウトソーシングなら野原住環境㈱へ。

  • お問い合わせ
  • カート
  • メニュー

15.06.18 面積比率とは?

面積比率とは?


木造における一般部位において熱橋部分が木造である場合
省エネ基準の解説書にはこのような難しい文言でかいてありますが
軸組や枠組工法の場合、柱や土台など木材の間に充填して断熱する場合
断熱材と木材では熱伝導率が違いますので熱伝導率が大きい木材が熱を早く伝える
いわゆるヒートブリッジになります

面積比率とは?


日本語にするとそのまま熱橋ですが、この熱橋部分が部位の面積あたりどの位の
比率なのか?を係数化したのが面積比率です。<熱橋の比率の算出には詳細法と
面積比率法がありますが、詳細計算法では熱橋部と一般部をもれなく分けて拾い
だす事が必要になり計算に多大な手間がかかります、面積比率を使えば、
簡単に熱橋を考慮した部位の熱貫流率が算出できます。
p>面積比率の例


PAGE TOP

野原住環境株式会社
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-1-11 友泉新宿御苑ビル
  • お問い合わせ
  • カート

© 2017 NOHARA LIVING ENVIRONMENT,Inc.