木造戸建て住宅の外皮性能計算と一次エネルギー消費量計算のアウトソーシングなら野原住環境㈱へ。

  • お問い合わせ
  • カート
  • メニュー

16.04.05 ゼロエネ補助事業はじまります

いよいよ、平成28年度のネット・ゼロエネルギーハウス支援事業の公募がはじまります。

当サイトでもゼロエネ住宅について詳しく紹介して行きたいと思います。

まずは気になる補助事業金の額ですが、今回の補助事業では一戸あたり 125万円
(地域区分・建物規模によらず全国一律)となっています。
要求の厳しい寒冷地(北海道)では外皮平均熱貫流率(UA値)0.25以下)の住宅において
25万円増額の150万円となり「Nearly ZEH」(75%の削減率)でも125万円が交付されます。

北海道以外の地域ではNearyZEHについては補助対象外となっています。

その他蓄電システムを導入する場合には、1kWh当たり5万円加算されます。
※補助対象経費の1/3または50万円のいずれか低い金額が上限になります。


ZEHと認定される条件
・外皮性能(UA値及びηA値)の基準を下回るコト
・創エネ機器を考慮しない状態で一次エネルギー消費量を20%削減するコト
・創エネ機器による発電を含んだ状態で100%以上一次エネルギー消費量を削減するコト
・測定機器(HEMS)を設置するコト
となっています。
一次エネルギーの評価は暖冷房・換気・給湯・照明の4項目となっており
その他(家電等)が含まれていないトコロが省エネ基準との違いです。

各項目の基準値については後日解説します。

PAGE TOP

野原住環境株式会社
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-1-11 友泉新宿御苑ビル
  • お問い合わせ
  • カート

© 2017 NOHARA LIVING ENVIRONMENT,Inc.