木造戸建て住宅の外皮性能計算と一次エネルギー消費量計算のアウトソーシングなら野原住環境㈱へ。

  • お問い合わせ
  • カート
  • メニュー

16.05.06 平成28年度地域型住宅グリーン化事業

先日紹介した得するゼロエネ住宅でも取り上げています
地域型住宅グリーン化事業では
主目的である木材の利用促進の他に、三世代同居など複数世帯の同居しやすい環境づくりや
省エネルギー型住宅の普及が事業目的に掲げられています。

地域型住宅グリーン化事業において補助の対象となる物件は

(1)長寿命型(長期優良住宅:木造、新築)
(2)高度省エネ型(認定低炭素住宅:木造、新築)
(3)高度省エネ型(性能向上計画認定住宅:木造、新築)
(4)高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅:木造、新築・改修)
(5)優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物(非住宅):木造、新築)
でありサステナブルなストック形成な為、省エネルギー性が重視されていますね

補助金額についてもゼロエネ仕様は上限額が165万円(それ以外は100万円)と
魅力的な金額になっています。
グリーン化事業でもゼロエネ住宅にぜひチャレンジしてもらいたいですね!

PAGE TOP

野原住環境株式会社
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-1-11 友泉新宿御苑ビル
  • お問い合わせ
  • カート

© 2017 NOHARA LIVING ENVIRONMENT,Inc.